アトラ50
真に豊かなライフスタイルを実現する50代以上向け専門情報サイト

会員登録でもっと豊かに [ 新規登録 ]

ホーム > プレゼント  >  『薬いらずで認知症は防げる、治せる! 認知症医療で後悔しない3つの方法』を抽選で3名様にプレゼント!

『薬いらずで認知症は防げる、治せる! 認知症医療で後悔しない3つの方法』を抽選で3名様にプレゼント!

 

内容紹介

・「キレる老人」は認知症の可能性大! 

・早期診断・早期治療に消極的な病院に要注意!

・「薬漬け」治療から脱するための選択肢とは

・ストレスに敏感な女性は、アルツハイマー病になりやすい!

・アルツハイマー病になりたくなければ緑茶を飲みましょう

・コーヒー、カカオは脳にとってのスーパーフード

 

なぜ専門医に誤診が多いのか?

それは病気を可視化する「画像診断」を疎かにしてるからです。

 

なぜ治療薬が効かないのか?

認知症の原因の定説「アミロイド仮説」自体が間違っているからです。

「認知症800万人時代」が来ると予測されるなか、「ホモシステイン酸」というアミノ酸の一種こそがアルツハイマー病の真因だったという衝撃の発見をした著者が明かす、

誤診だらけの医師、対処法でしかない認知症医療で後悔しないための予防、早期発見、早期療法の具体策。

 

危険運転、駅内暴力、キレる老人、それは認知症が原因です!治療できる認知症を見逃さないための「早期診断」、「予防法」、そして症状改善に効果的な「抗ホモシステイン酸食品」を紹介!

 

著者

 

佐藤俊彦

1960年、福島県生まれ。1985年、福島県立医科大学卒業、同大学放射線科入局し、日本医科大学第一病院放射線科助手、獨協医科大学放射線科助手、鷲谷病院副院長を経て、1997年に宇都宮セントラルクリニック(現(医)DIC)を開院。2012年10月野口記念インターナショナル画像診断クリニック院長就任。医療法人DIC宇都宮セントラルクリニック理事、セントラルメディカル倶楽部顧問医、メディカルリサーチ株式会社顧問、米国財団法人 野口医学研究所常務理事。

 

長谷川亨

1945年福島県生まれ。1972年3月 東北大学大学院薬学研究科薬学修士、1980年4月岡山大学医学部 医学博士。1982年4月 佐賀医科大学医学部地域保健科学助教授に就任、2000年4月より現職。専門は公衆衛生でストレス予防。 緑茶の抗認知症予防作用を発見し、ここからアルツハイマー病の危険因子であるホモシステイン(HA)を緑茶が抑制する作用を発見する。また積極的な生き方やある種の食事療法により、HA濃度が低下し、アルツハイマー病でありながら、認知機能の回復や維持が可能であることも発見した。従来、アルツハイマー病の原因と言われてきたアミロイドタンパクを除去する療法がヒトでは認知機能の回復が出来ないという報告が出たことより、近年、学会から熱い注目を受けている。

 

 

【締切】

 2017年3月31日

 

【当選発表】

 プレゼントの当選発表は商品の発送をもってかえさせていただきます

 

【注意事項】

・プレゼントのご応募はアトラ50への会員の方(無料)に限ります。

・ご当選された賞品は返品・交換できません。

・賞品の仕様は予告なく変わる場合がございます。

・当選者の長期不在や、賞品お届け先ご住所や転居先が不明等の理由により、

 賞品のお届けができない場合は、ご当選を無効とさせていただく場合がありますので、

 予めご了承ください。

・賞品の発送は日本国内に限らせていただきます。

・ご当選者の当選の権利を第三者へ譲渡することはできません。

・その他、ご応募に関して不正な行為があった場合、

 当選を取り消させていただく場合がございます。

 

 

プレゼント応募は会員限定です。無料会員登録するとご利用いただけます。

無料会員登録  ログイン

PAGE TOP